札幌トヨタ

一年点検

札幌トヨタの1年点検(12ヶ月法定点検)+日常点検

車検毎の点検で大丈夫?!

ヒトは「健康診断」を定期的に受けることで、病気などを早期発見して健康な生活を過ごすことができるように、クルマも故障を早期発見できれば、より安心なカーライフを送ることができます。
そこでクルマも「定期健診」。「1年点検」では、お客様が普段点検することが難しいタイヤに隠れたブレーキや下廻りなどもプロの目で細かく点検し、お客様の安心・安全・快適なカーライフをサポートいたします。

トヨタ車はもちろん、トヨタ車以外もOK!!

あれ?と思ったら…

最近「ブレーキ」の効きが悪くなったと感じたことはありませんか?「ブレーキ」の部品である"ブレーキパッド"は、お車を使い続けると消しゴムのように磨耗して減ってしまうので効きが悪くなることがあり、部品交換が必要となります。また、パッドが摩り減ったまま乗り続けると、ブレーキの効きが悪くなるばかりか、最悪の場合ブレーキが効かなくなり大変危険であり、思いがけない事故や修理に思わぬ出費が掛かる場合があります。
他にも、朝エンジンをかける際の「キュンキュン」という音が長くなったとか、夜の運転でライトが暗くなったと感じることはありませんか?これらの症状は、クルマの電池である「バッテリー」が弱っているために発生することがあり、最悪エンジンがかからなくなることもあるので、バッテリー充電や交換など定期的なメンテナンスが必要となります。

これらはほんの一例ですが、ご愛車の突然のトラブルを未然に防ぐためにもぜひ定期点検を実施することをお勧めいたします。

よくある質問

「日常点検って何?」

日常点検整備とは、法令で定められた点検整備のひとつで、点検項目はお客様自身で実施できる内容となっています。

実施時期は特に指定はなく、長距離ドライブや、洗車・給油時などお客様が必要だと思った時に実施すればよいとされています。

札幌トヨタでは、1年点検実施時にはお客様に代わって日常点検も実施しております。※1

※1:日常点検は「推奨」項目になるため、実施は任意となります。

「1年点検って、車のどんなところを点検するの?」

札幌トヨタでは、法律で定められている下記の項目などを点検しております。
  • ブレーキ液の量
  • バッテリー液の量
  • 冷却水の量
  • エンジンオイルの量
  • エンジンのかかり具合・異音
  • 低速・加速の状態
  • ワイパーの拭き取り状態
  • ヘッドランプ・ストップランプ・ウィンカーランプなどの点灯・汚れ・損傷
  • など
  • ウインドウォッシャーー液の量・噴射状態
  • エアクリーナー・エレメントの汚れ
  • ブレーキホース・パイプの漏れ、損傷
  • ブレーキパッドの摩耗状態
  • プロペラシャフト・ドライブシャフトの連結部のゆるみ
  • 排出ガスCO、HC濃度

ご家庭で「日常点検」を行う際のポイントをご紹介

下記の点検順序にしたがって実施していただくと効率よく点検が出来ます。

ボンネットを開けて(エンジンルーム内)

ボンネットを開けて

車のまわり

車のまわり

  • 6)タイヤの空気圧
  • 7)タイヤの亀裂、損傷
  • 8)タイヤの溝の深さ、異常摩耗
  • 9)灯火装置・方向指示器の汚れ、損傷

運転席に座って

  • 10)駐車ブレーキ機構の引きしろ
  • 11)エンジンのかかり具合、異音
  • 12)ブレーキ・ペダルの踏みしろ
  • 13)ウインド・ウォッシャーの噴射状態
  • 14)ワイパーの払拭状態
  • 15)灯火装置・方向指示器の作用

運転席に座って

走行して

走行して

  • 16)ブレーキの効き具合
  • 17)エンジンの低速および加速の状態
  • 18)前日の運行において異常が認められた箇所

※詳しい点検方法については、お車のメンテナンスノートをご覧いただくか、当社スタッフにおたずねください。

料金表 [12ヶ月法定点検+日常点検]

※下記料金は自家用乗用車の料金です。自家用貨物車等についてはスタッフにお問い合せ下さい。

※日常点検は「推奨」項目です。同時実施をお勧めいたします。
※料金の「税込」は平成26年4月以降の消費税8%含みの総額です。
※税制改正等により総額料金が変更となる場合がありますのでご了承ください。その場合、増税額の別途支払いが必要となります。

1年点検

詳しくはこちら

ハイブリッドeサービス

詳しくはこちら

クイックメンテナンス

詳しくはこちら
▲このページの先頭へ
 会社概要  採用情報  CSR宣言  環境への取り組み  緑の募金  プライバシーポリシー  サイトマップ  HOME